読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうでもいいこと

ツイッターではつぶやかない、つぶやきたくないことを書いていきます。

海外ゲーム音楽界の雄、TimFollinはこの曲たちから聞け!

家庭用ゲーム音楽界隈では超有名な男、TimFollin。

彼が作った曲は展開に富み、美しい音色で彩られている。

彼が作った名曲の中でも選りすぐりの良曲を選んだので、知らない人も是非聞いてほしい。


Solstice (NES) - Title Theme

TimFollinの名を知るものなら誰でも知っているファミコンでも屈指の名曲。

個人的には0:37あたりの展開が好き。


Plok! - Akrillic

スーファミ音源でのTimの良曲です。それ以外にいうことはありません。


Plok! - Beach

個人的にTimFollin最高の曲だと思うのがこの曲。

さわやかにビーチに合う音楽が展開されたかと思うと、急激な展開が起こり一気に雰囲気が変わる。

この気持ちよさがたまりませんね。


Time Trax (SEGA Mega Drive/Genesis) Music: Track 4

近年発掘された未発表ゲームから一本。

未発表ゲームでこれを言うのはなんですが、

メガドライブ音源を一番使いこなしたゲームの曲はこの曲だと思います。


Chronos Spectrum Title Music

ZX Spectrumというパソコンのゲームの曲。

1bitのビープ音をソフトウェアで制御し、6和音を実現したプログラマーとしてのTimの手腕が聞ける作品です。

ノイジーな音色もGood。

 

こんなもんっすかね。

もう寝ます。

おやすみ。

人のマゾ嗜好を笑うな

先日マゾヒストのツイートを見ていると、とあるツイートが目に付いた。

「この音声ヤバいwこういう嗜好はちょっとキツいよね……w」という感じのツイートで、完全にその音声を馬鹿に仕切っていた。

俺は正直画面の前でキモい怒り顔になるのを抑えられなかった。

マゾヒストは、他人の嗜好を笑うべきではないと思っているから。

その音声は確かにかなり特殊な嗜好だった。

だからと言って、馬鹿にするのは全く認められない、嫌いだ。

他人の嗜好を嫌うのはわかる。認められないのもわかる。抜けないのもわかる。

それらはどうしても起こりうることだし、回避はできない。しょうがないことだと思う。

でも、自分のマゾという歪んだ性癖を差し置いてそれを馬鹿にするのは、ダメだろうと思う。

マゾな時点で皆カスなのに、他人の性癖を馬鹿にしてはいけない。

そう強く思った。

 

 

 

 

 

 

 

Downwellでトマトを出す方法

Downwellにはイースターエッグがある。

トマトである。

出現条件は横部屋に入らないことのみ。

横の部屋に切り替わらなければセーフなようで、時間が止まるパリーン!という音がしてもまだ大丈夫。落ち着いて戻ってほしい。

3面まで条件を満たして行けば、白いクラゲがふよふよ浮いてくるので、目安にしよう。

f:id:isoemono:20170226151258p:plain

 

そして最後まで条件を満たして5-1まで行けば、本来最後の店がある横部屋にトマトが出現する。

f:id:isoemono:20170226152110p:plain

 

この部屋だけで流れるファンキーなBGMを聞くことができるので、ぜひ自分で聞いてみてほしい。ググればサントラ出てくるけど…

ちなみにトマトはアイテムで、取得することができる。

HPが8、電力が10増える。

f:id:isoemono:20170226152308p:plain

 

というわけで終わり。おつかれさん。

Downwellは見えているところで露骨に敵がポップする

Downwellをやっていると、3回やったら2回は間違いなく突然敵が出現する。

ハードモードでやってるけど、演出も何もなしに突然パッと出現するのでたぶんバグだと思う。

見間違いってこともあるだろうし、自分より下にしかポップしなかったので大して気にならなかったけど、毎日プレイしているからさすがに気になる。

でも証拠はなかったから、動画を撮ってプレイすることにした。

すると、意外と早く敵ポップの瞬間を撮影できた。

 前にはもっと露骨に真横とかでポップしたことがあったけど、

動画は撮ってないからなんとも言えない。

とりあえず10割見間違いってことはないようだ。

Downwellが好き

むかしむかし、別垢でツイッターをやっていた時(だったかな?)にDownwellはiOSでリリースされた。

井戸を落ちながら靴の裏から弾を放って敵を殺し、とにかく下を目指すゲームだ。

バーチャルパッドのボタンでジャンプ、弾発射を行え、あとは左右操作しか必要ないシンプルな操作でとっつきやすく、かつ難しい、そんなゲームだった。

制作者のもっぴん氏は制作状況をツイートしていたりしたし、前々から期待されていたゲームなのもあって、僕もそれに当てられてか、ずいぶんと期待していたものだった。

リリースされてすぐにダウンロードしたDownwellは案の定面白く、そしてめちゃくちゃ難しかった。少ないHP、ゲームスピードの速さ、コウモリの凶悪さ。

ランダムに生成されるマップ井戸は深く険しく、どこまでも終わりがないかと思われた。

だが、プレイし始めて一か月か二か月か経った時、ついに私は井戸の底まで到達し、ゲームをクリアした。

イライラすることもあったし、何度もiPadを布団に投げて絶叫したが、とても面白いゲームだった。

僕はクリアした後も何度もDownwellをプレイした。

ハードモードがあったとか、ジェム(要は金)を集めれば集めるほどパレットを変えられるとか、そういうこともあったけど、やっぱり、クリアできるゲームをやるのは楽しいからだ。

 

 

iOSでリリースされたDownwellは今やandroidやSteam、PS4にPSVitaでさえプレイできる。

今は主にSteam版でコントローラーを使いプレイしている。

もはやハードモードでも結構余裕を持ってクリアすることができるほど上達して、ぼんやりしながら楽しくプレイしている。

シンプルなゲームは楽しい。大好き。

公式のプレイ動画を張っておくので、ぜひ見てほしい。

www.youtube.com

 

 

 

 

好きな音楽情報

私の好きな音楽の情報です

 

 Chibi-tech / Love is Insecurable

www.youtube.com

 ファミコン音源(拡張アリ)で作られたいわゆるChiptuneで、ファミコンで環境を整えれば再生することができます。

 この曲のすごいところは、矩形波で声めいたものを作っているところですね。

Chibi-tech氏はこういった音色づくりが得意で、普段はナードコアっぽいものを作ったりもしています。

 

NARUTO / Artificial Intelligence Bomb

youtu.be

いわゆるChiptuneっていう曲ですね。

この曲は曲作りがすごいです…

綺麗すぎる

DJ TECHNORCH / Destroy BOSS ON PARADE

youtu.be

 いわゆるハードコアって感じですね。

キックが重いので好きです。

Tim Follin,Geoff Follin / Plok! - Akrillc

youtu.be

Plokというスーファミ洋ゲーのサントラです。

ジャンルで言うとプログレですかね?

この曲は展開が実にいいので、ぜひ聞いてみてほしいです。

あしたに生きろバルディオス

youtu.be

80年代ロボットアニメのオープニングなのですが、

綺麗な曲調でしんみりしてしまいます。

 

Galaxy 2 Galaxy / Hi-Tech Jazz

youtu.be

デトロイトテクノみたいな感じでしょうか?

サックスが曲に入ってくるのが気持ちいいですね。

Beatmania五鍵中期~後期にありそうな曲といった印象を持ちました。

子供盆おどり唄

youtu.be

北海道ローカルの盆踊りソングで、

笛も流れる 太鼓もひびく
風が流れる 中空に
手びょうし そろえて ほらまわれ 
ほらまわれ

 という歌詞が実にダンスミュージックらしく、現代のダンスミュージックに通ずるものを感じます。

EDMmixとかあったら泣いちゃうかも。

 

 

 

こんなもんかな~、またいい曲あったら書きたいです。

おわります。